公益財団法人 中部科学技術センター The Public Foundation of Chubu Science and Techology Center

科学技術の普及啓発

海外研究者招へい事業助成

万国博覧会「愛・地球博」の基本理念の継承と発展に向けて、海外の環境技術に関する研究者を中部地域の大学、研究機関等に招へいし、国内研究者との共同研究の実施、交流会、成果発表等を開催する事業を公募し、申請のあった事業について助成しています。
※海外研究者招へい事業助成につきましては、平成27年度に採択しました事業への助成をもちまして終了します。新たな募集はしておりません。

 

Ⅰ 平成27年度海外研究者招へい事業助成ついて

1. 助成対象:環境技術に関する海外研究者との共同研究
2. 申請資格:愛知・岐阜・三重・静岡・長野・富山・石川・福井各県下の国公私立大学、国立・公設試験研究機関等
3.採用期間:3ケ月~12ケ月(平成28年9月1日~平成29年8月31日)
4.助成金額:250万円~400万円
5.応募件数:15件
6.採択結果:9件を採択
  ※平成28年2月5日開催の選考委員会(委員長:松下 裕秀 名古屋大学 理事・副総長)により審査

Ⅱ  これまでの海外研究者招へい事業助成の実績

<受入研究機関・受入研究者国籍 【平成19年度~平成27年度事業(採択時)】>
  
 平成19年度から平成27年度までの9年間において、採択者数:108名、受入研究機関:22箇所、
招へい研究者国:42ケ国の海外研究者招へい助成事業を採択予定です。

 平成27年度助成事業(採用期間:平成28年9月1日~平成29年8月31日)をもって、本事業は終了の予定です。
 これまでのご支援・ご協力に対し、心よりお礼申し上げます。

Ⅲ 海外招へい助成事業 成果報告 (抜粋)

◆ 名古屋工業大学 未来材料創成学専攻 曽我 哲夫 教授 (平成24年度成果報告) 
 (招へい研究者:インド ソナ工科大学 教授 シャンムガム・サラバナン)

◆ 人間環境大学 人間環境学部 長井 正博 准教授(平成24年度成果報告)
(招へい研究者:ウズベキスタン 地質資源省水分地質学工業地質学研究所 研究主幹 アパーリン・ヴィアチェスラブ)

◆ 福井県立大学 海洋生物資源学部 吉川 伸哉 准教授(平成25年度成果報告)
(招へい研究者:ベトナム  ヴィエトチー工業大学 准教授 チャン・ハン・ティ)

◆ 富山高等専門学校 物質工学科 教授 袋布 昌幹(平成25年度成果報告)
(招へい研究者:大韓民国 慶熙大学 工学部 教授 ジョ・ミソン)

◆ 名古屋工業大学 教授 大谷 肇 (平成26年度成果報告)
(招へい研究者:トルコ Selhan  Karagoz)

◆ 名古屋工業大学 教授 川崎 晋司(平成26年度成果報告)
(招へい研究者:インド Abhijit Ray )

◆ 福井県立大学 教授 濱野 吉十(平成26年度成果報告)
(招へい研究者:オーストラリア John A.Kalaitzis)

◆ 産業技術総合技術研究所 主任研究員   浦田 千尋
(招へい研究者:インド  Raju Kumar Gupta)

お問い合わせ先
(公財)中部科学技術センター 総務部
TEL:052-231-3043

このページの上へ戻る