公益財団法人 中部科学技術センター The Public Foundation of Chubu Science and Techology Center

科学技術の普及啓発

モノづくり見学会

小、中学生が、モノづくりに関係する地元企業を訪問・現場体験をすることにより、ふだん身の周りにある製品が、どのような工程を経て、製品化されているのかを学習できる見学会を毎年開催しています。

  • ものづくり見学会.jpg

モノづくり見学会2018 開催報告

夏休みに実施した3コースをご紹介します。
どの見学先でも、大人も子供も夢中になる貴重な体験をしました。
ご参加いただいた皆様、とても暑い中ありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願いします!!
Aコース 2018/7/30(月)
安心・安全な高速道路を届けるための技術を体験!
【訪問先】
 中日本高速道路(株)
  名古屋第ニ環状自動車道 橋梁建設工事現場(愛知県飛島村)
 E-MAC技術研修センター(岐阜県各務原市)
【参加者】
 小学生14名、中学生5名、保護者10名

 中日本高速道路(株)は、中日本地域の高速道路や自動車専用道路を建設、管理・保全やサービスエリア事業などをしている会社で、今回は建設中の高速道路 名古屋第二環状自動車道(名二環)の橋梁建設工事現場を見学しました。
 舗装される前の鉄筋むき出しの高速道路を歩いたり、建材に触ったり、ドローンを飛ばす体験をしたり、現場で働く人の声を聞いたりしました。普段なかなか見ることのできない、道路ができるまでの現場を間近で体験し、安全で快適な高速道路を作るための技術を学びました。
 この様子はメ~テレさんに取材され、テレビ放映されました。

  • 名二環の建設現場.JPG

    名二環の建設現場

  • みんなでハイチーズ.JPG

    みんなでハイチーズ✌

E―MAC技術研修センターでは、高速道路の安全性向上のために実際に現場使用されていた機器を使って、点検や作業などを実体験しました。高所作業車に乗ったり、消火栓の放水訓練体験をして、高速道路の安全を支える取組みについて学びました。
  • 研修センターで体験!.JPG

    研修センターで体験!

  • IMG_5687.JPG

    高所作業車に乗ったよ

Bコース 2018/8/8(水)
私達の暮らしと産業を支える石灰の製造現場を見学!
【訪問先】
 河合石灰工業(株)、金生山化石館(岐阜県大垣市)

【参加者】
 小学生23名 中学生4名

 河合石灰工業(株)は明治時代に創業し、石灰の採掘から加工製造・販売までを行う会社で、今回は乙女坂工場を見学しました。
 石灰の製造工程や実験を見ることで、鉄鋼・建築・農業・薬品・下水処理浄化などあらゆる産業で欠かせない素材であることを実感しました。
  • 河合石灰工業㈱ 乙女坂工場.jpg

    河合石灰工業(株)乙女坂工場

  • 実験を熱心に見る様子.jpg

    実験を熱心に見る様子

工場のすぐ近くにある金生山化石館では、化石磨きや化石探し体験をしました。金生山は古代の貝殻などの化石が起源となる石灰石が採掘されます。長い時間をかけて作られた地球の産物が、私たちの暮らしと繋がっている素晴らしさを学びました。
  • 金生山化石館で記念写真.jpg

    金生山化石館で記念写真

Cコース 2018/8/28(火)
世界に誇る品質を生み出す織物産地 尾州を見学!
【訪問先】
 岐セン株式会社(岐阜県瑞穂市)
 テキスタイルマテリアルセンター(岐阜県羽島市)
【参加者】
 小学生18名、中学生4名、保護者9名

 岐セン(株)は、今年で創立75周年を迎えた繊維の染色加工メーカーで、今回は本社・穂積工場を見学しました。
 工場見学をしたり、染色・加工前と後の生地の手触りを比べたりして、ファッション衣料などに感性・機能性を付与されることを肌で感じました。
  • 染色・加工後の生地の手触りを比べる様子.JPG

    染色・加工後の生地の手触りを比べる様子

  • 岐セン工場内の機械を見る様子.JPG

    岐セン工場内の機械を見る様子

テキスタイルマテリアルセンターでは、羊毛をニードルで絡ませてフェルトにするワークショップを体験しました。その後、日本全国のファッション衣料用素材を10万種類以上集めた、国内最大の生地見本を触り、どの生地が珍しく良い品質かを当てる目利き選手権を行いました。
  • ワークショップで作ったフェルトと一緒に.jpg

    ワークショップで作ったフェルトと一緒に

~参加者の声~
Aコース
 ・高速道路が好きで、大きなジャンクションがとくに大好きだから見学できて最高でした。
 ・ドローンのそうじゅうが楽しかったです。
 ・スプリンクラー体験ですごい濡れてしまったけど、初めて体験して楽しかった。

Bコース

 ・石はふだんあまり気にかけたり、考えたりしたことがなかったから、石が生活に大事なんだと知ってすごく面白かったです。
 ・化石を自分で探すことができてよかった。分からないものやことを人に聞いたりして、たくさんの名前を覚えることができた。
 ・化石磨きが楽しかった。

Cコース
 ・岐センのにおいが独特で、みんなとわいわいできて楽しかった。
 ・羊毛フェルトで自分流に動物や鳥をつくれてよかった!
 ・10万種類以上の中からいいのを選ぶのは、人の個性を知ることができるのでいいなと思いました。
詳しくは、季刊広報誌「CSTC NEWS」227号(秋号2018年10月発刊)P.10~11をご覧ください。

モノづくり現場体験学習2018参加者募集

たくさんのご応募ありがとうございました。
参加者の募集は締め切りました。

夏休みにモノづくりの現場を体験しよう!
大人になったらどんな仕事をしよう?
お父さんお母さんがどんな仕事をしているのかな? 
そんな疑問を解決しよう


対 象:小学校4年生から中学校3年生
定 員:各コース30名(保護者参加可)
参加費:各コース1,000円
集合・解散場所:白川公園 (名古屋市中区栄二丁目)


■Aコース【平成30年7月30日(月)】 
訪問先:中日本高速道路株式会社                    
    名古屋第ニ環状自動車道橋梁建設工事現場(愛知県飛島村)
    E-MAC技術研修センター(岐阜県各務原市)

■Bコース【平成30年8月8日(水)】
訪問先:河合石灰工業株式会社
    金生山化石館  (岐阜県大垣市)

■Cコース【平成30年8月28日(火)】
訪問先:岐セン株式会社(岐阜県瑞穂市)
    テキスタイルマテリアルセンター(岐阜県羽島市)

お申込み方法:抽選
①希望コース(A・B・Cコースのどれかを選択、第1希望、第2希望まで)
②氏名・フリガナ ③学年 ④住所 ⑤電話番号(携帯でも可)
を明記の上、申込フォームまたはメール、FAXにてお申し込みください。
 [E-mail kagaku@cstc.or.jp FAX (052)204-1469]
締め切り:7月10日(火)17:00
  • モノづくり現場体験学習2018チラシ.jpg

開催記録

開催案内チラシ

お問い合わせ先
(公財)中部科学技術センター 科学技術普及部
TEL:052-231-6723

このページの上へ戻る