公益財団法人 中部科学技術センター The Public Foundation of Chubu Science and Technology Center

科学技術の普及啓発

叙勲、国家褒章、文部科学大臣表彰等の候補者推薦

科学技術分野において優れた功績を挙げられた方々を対象に、国をはじめ各種団体表彰への候補者推薦を行っています。また、叙勲等に関するお問い合わせも随時受け付けています。

叙勲

■科学技術分野における叙勲候補者の推薦について
  科学技術分野において、我が国の科学技術の振興、産業の発展、文化の向上等に
 寄与し、その功績が顕著な方で、かつ賛助会員企業に所属する方を推薦いたします。

  推薦の基準(抜粋)
   (1)科学技術の振興施策の推進に尽力された方
   (2)優秀な国産技術の開発育成に尽力された方
   (3)多年にわたり科学技術の普及啓発又は発明の奨励に尽力された方
   (4)多年にわたり公共的な科学技術振興団体の運営に尽力された方
   (5)優秀な発明・発見及び研究の完成に尽力された方
   (6)優れた創意工夫により技術の改善向上に尽力された方
   (7)科学技術の進歩発展に関し、多年にわたり業務に精励された方
  
  令和7年春の叙勲候補者の当センターへの締切日は、令和6年7月31日(水)です。

国家褒賞

■科学技術に関する黄綬、紫綬及び藍綬褒章候補者の推薦について
   科学技術分野において顕著な功績あげた方で、かつ賛助会員企業に所属する方を推薦
  いたします。特に、黄綬、紫綬、藍綬褒章受賞候補者は、原則として、褒章推薦業績と
  同一の業績により文部科学大臣表彰を受賞している方が推薦対象となります。
   毎年、春の褒章が推薦対象になります。
 
  次回の推薦は、令和8年春の褒章候補者が対象となります。

文部科学大臣表彰 (科学技術賞、若手科学者賞、創意工夫功労者賞)

【科学技術賞】
■ 文部科学大臣表彰「科学技術賞」の受賞候補者の推薦について
 科学技術分野において社会経済、国民生活の発展向上等に寄与する画期的な研究開発や
独創的な研究等を行った方で、かつ賛助会員企業に所属する方を推薦いたします。
(当センターは科学技術分野において、文部科学省への推薦団体として指定を受けております)

■令和6年度文部科学大臣表彰 科学技術賞の受賞者の決定について、
 文部科学省より報道発表をいたしましたので、お知らせいたします。

■令和7年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 受賞候補者の推薦について、
 令和7年度の推薦事務要領が公示されていますので、それに基づいてご推薦させていただきます。詳細は令和7年度科学技術分野の文部科学大臣表彰推薦事務要領(文部科学省ホームページ)をご覧ください。
(注意)当センターよりご推薦を行う場合は、推薦の検討会及び推薦の手続きの為 7月12日を目標に当センターへ書類の提出をお願いいたします。又、応募に先立ち 7月3日までに当センターにご連絡をお願いいたします。
【創意工夫功労者賞】
■ 文部科学大臣表彰「創意工夫功労者賞」の受賞候補者の推薦について
 工場等の現場業務に従事する勤労者のうち、優れた創意工夫によって職域において技術の改善向上に貢献した方が対象となります。

 本賞の文部科学省への推薦は中央省庁または都道府県が行います。当センターは以下の各県から推薦団体として指定を受けており、賛助会員企業に所属する方を県に推薦いたします。
 
 現在、令和7年度文部科学大臣表彰 創意工夫功労者賞受賞候補者を募集中です。

 〇当センターの応募締切日は以下のとおりです。
 ・愛知県分:7月 2日(火)17時
 ・岐阜県分:7月24日(水)17時
 ・静岡県分:7月26日(金)17時
 ・三重県分:8月 9日(金)17時
 
  提出書類及び提出部数は次の資料を参照ください。
<提出先及び担当者>
 〒460-0011
  名古屋市中区大須1丁目35番18号 一光大須ビル7階
  (公財)中部科学技術センター
   総務部 細川 潤
    E-mail : j.hosokawa@cstc.or.jp
    TEL : 052-231-3043

〇応募に関する情報

ものづくり日本大賞

■第10回ものづくり日本大賞 受賞候補者の推薦について
 第10回ものづくり日本大賞の受賞候補者の募集が始まりました。
 
 当センターでは、高度な技術的課題を克服し優れて画期的な製品や部品、素材等の開発・実用化を実現した方、画期的なシステムや手法の開発・導入によって生産の抜本的な効率化など生産革命を実現した方で、かつ賛助会員企業に所属する方を推薦しております。

 推薦を希望される方は、次の期日までに、当センターに応募書類をお送りください。
   ・期日 令和6年10月1日(火)10時

 応募方法の詳細については、ものづくり日本大賞応募専用のホームページをご参照ください。

その他団体表彰

【各種団体主催】

当センターは各種団体主催の表彰について、ご希望の皆様を推薦いたします。

.
■新技術開発助成

 本助成は、公益財団法人市村清新技術財団が、中小企業が研究開発した新技術を実用化するにあたって、その実用化開発費用の5分の4以下で、2,400万円を限度として助成する制度です。

 毎年、第1次(4月1日~20日)、第2次(10月1日~20日)に募集しています。

■市村産業賞
 リコー三愛グループ各社を統括した創業者 故市村清氏が創設したものです。当センターでは、科学技術の進歩や産業発展に顕著な成果を挙げ、産業分野の進展に多大な貢献・功績があった技術開発者の方々を市村産業賞に推薦いたします。

 次回の推薦は、第57回市村産業賞表彰分(2025年4月表彰予定)の受賞候補者が対象となります。

.
■発明大賞

 公益財団法人日本発明振興協会等が主催。優秀な発明考案によって、科学技術の振興や産業の発展、国民生活の向上等に寄与した中小企業や研究発明者が受賞対象となります。

 次回の推薦は、令和6年度(第50回)の受賞候補者が対象となります。

■井上春成賞
 本賞は、科学技術振興機構の前身の一つである新技術開発事業団の初代理事長であり、工業技術庁初代長官の故井上春成氏がわが国の科学技術の発展に貢献した業績にかんがみ、1976年(昭和51年)に創設されたものです。
 当センターは、大学・研究機関等の独創的な研究成果をもとにして企業が開発し企業化した優れた技術について、研究者および企業を推薦いたします。

【地方自治体主催】

■ 静岡県科学技術振興表彰
 静岡県内産業界の科学技術の発展や社会生活の向上に貢献された、賛助会員企業に所属する方を推薦いたします。

 令和6年度表彰の受賞候補者を募集しています。
 当センターの締め切りは、令和6年7月23日(火)10時です。

注意事項
・応募にあたっては、静岡県ホームページに掲載の書類をご使用ください。また、応募の詳細は、静岡県科学技術振興表彰推薦要領概要をご覧ください。
・当センターからの推薦を希望される方は、予め、当センターにお問い合わせください。

お問い合わせ先
(公財)中部科学技術センター 総務部
TEL:052-231-3043

このページの上へ戻る