公益財団法人 中部科学技術センター The Public Foundation of Chubu Science and Techology Center

科学技術の普及啓発

中部科学技術センター顕彰

創造的研究開発への意欲向上を図り、科学技術水準の向上と中部地域における産業の発展に寄与するため、優れた研究開発、技術開発を行い、地域産業の発展と産業技術の振興に顕著な業績を挙げた企業の研究者等を顕彰しています。

また、受賞者の中から「ものづくり日本大賞」、「文部科学大臣表彰(科学技術賞)」等への推薦を積極的に働きかけます。

  • 17回.png

応募要領

本顕彰は、企業の研究者、技術者の創造的研究開発への意欲の高揚を図り、科学技術水準の向上と中部地域(愛知、岐阜、三重、静岡、長野、富山、石川、福井の8県)における産業の発展に寄与することを目的とするものです。平成14年度に創設し、これまでの受賞者は94社204名なります。

(1)表彰の種類
 ①センター顕彰
  大賞   1件
  振興賞  2件
  奨励賞  2件程度
 ※センター顕彰の受賞者には賞状、副賞、表彰楯を贈呈する
 
 ②コーディネート賞  数件
 ※コーディネート賞の受賞者には、賞状、記念品を贈呈する

(2)候補対象者の主な要件
 ・中部地域に事業所、研究所、工場等を有する企業に属する者
 ・当該研究開発が中部地域の産業や産業技術の向上・発展、及び雇用の創出・地域振興に
  顕著な業績を上げた研究者、技術者、その開発育成に貢献した者、もしくは協働した
  複数の個人
 ・当該候補者が中心となって研究開発を行ったものであること
 ・次世代産業等を視野に入れた新規性の高い研究開発成果であること
 ・過去10年以内に優れた研究開発を行い、当該研究開発の事業化がなされ、顕著な業績を
  上げたものであること

(3)選考方法ほか
 ・選考委員会において、創造性や技術性、社会や地域、企業への貢献度等に関する基準に
  基づき、選考を行う。
 ・令和元年度選考結果は、令和元年11月初旬に推薦者宛に通知する予定。

第18回(令和元年度)中部科学技術センター顕彰について

公募要領により、候補者をご推薦くださいますようお願い申し上げます。

受付期間:令和元年5月7日(火)~令和元年7月31日(水)(土曜・日祝を除く)
受付時間:10:00~12:00 、13:00~17:00

表彰式の開催報告

12月11日(火)、名古屋栄ビルディングにて、第17回中部科学技術センター顕彰表彰式を開催しました。

本年度は、大賞1件4名、振興賞2件5名、奨励賞2件7名、コーディネート賞1件1名の受賞者を表彰をしました。
当中部地域の基盤である高い「ものづくり技術」を反映して、環境にやさしい鋳物づくりに貢献する従来にはない技術、自動車の電動化、自動運転化、安全性向上に係る技術、未利用資源を活用したメタン発酵システムの開発と普及など、幅広い分野から社会や市場ニーズに即した技術水準の高い内容となりました。

これまでの受賞者

お問い合わせ先
(公財)中部科学技術センター 科学技術普及部
TEL:052-231-6723

このページの上へ戻る